BLOG

HOMEBLOGminka 村山義明

  • デッドプール2

    2018.06.15

     

     

    久々に映画のこと。

     

    もはやスマートフォンと繋がらない時間を作ることの方が難しくなってきていて、特に自宅にいる間はほとんどスマホとにらめっこ。

     

    仕事でSNSを使っているからというのもありますが、情報収集もGOOGLE検索よりもインスタのハッシュタグ検索だったり、ツイッターのフォロワーさんのつぶやきから収集したりと、明らかに5年前とは違う時間の使い方になってしまいました。

     

    書籍はもうほぼKindleになったので、寝る寸前まで読んだりしている。

     

    しかも寝に入る時はYOUTUBEで映画批評の動画や、著名な経営者などの講演の動画をラジオ的に聞きながら寝たりしてます。

     

    もうスマホ無くなったらどうしていいかわからないレベル。。。

     

    でも、日々の生活の中でオフラインな時間も作りたくて、僕にとってその時間が映画を観る時間だったりするんですよね。

     

    2時間はスクリーンに集中して、外部との接触を控えられることが自分にとって大事なストレス発散になっています。

     

    そんな感じで最近観た映画を少し報告。

     

     

     

    デッドプール2

     

    前作は僕にとっては今ひとつ印象に残っていなくて、そもそもアメコミが苦手ジャンルだった時でしたので、確か眠気と戦いながら観ていたような、、、

     

    アメコミ耐性が出来たのが「LOGAN」からって感じで、こないだの「アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー」で開花しました。

     

    それからアマゾンプライムで過去作のMCU(マーベルシネマティックユニバースの略)をマメに観るようにしてきて、意外と社会派な内容だったりすることに感心しているこの頃です。

     

    デッドプール2もその一つ。

     

    X-MENシリーズが差別との戦いがテーマとなっているから、このデッドプールも差別との戦いも描きつつ、見事なファミリー映画に仕上がっていましたよ。

     

    アクションもユニークなんですが、ギャグの入れ方が結構テンポよくて、ハリウッド映画のギャグって僕は理解できないことも多かったのですが、このデッドプールは結構わかりやすいというか、いや映画の元ネタ知っていないとわからない内容もあるんですが、なかなかツボを刺激されるギャグセンスでした。

     

    まさかそうくるかという展開にも心をつかまされましたし、今回デッドプールが結成するXフォースのメンバーでもあるドミノがとっても輝いていて、ナイスなキャラクターでした。好き。

     

    後日談のシーンも僕的にはグッときましたし、やっぱり映画はこれくらいハチャメチャな方が楽しめるなぁと思いました。

     

     

http://oncesearch.com

http://oncesearch.com/category/ebony

http://oncesearch.com