BLOG

HOMEBLOGminka 村山義明

  • ベイビー・ドライバー

    2017.08.22

     

    まずは、この映像をご覧ください。

     

    映画「ベイビー・ドライバー」の冒頭6分間のカーチェイス映像。

     

    数ヶ月前にこの映像を観てから、グッと心を鷲掴みにされていた映画。

     

    ついに公開されたので観に行ってきました。

     

    でも、新潟ではT・ジョイのみでの公開。

     

    全国的にも上映館数が少ないようで。

     

    まぁ、それはさておき、この「ベイビー・ドライバー」はものすごく「映画的なエンターテイメントが詰まった映画」でした。

     

    まず、この映像からもわかる通り、ところどころ映像と演出と音楽がシンクロして映画を盛り上げてくれるところ。

     

    カーチェイスを盛り上げてくれるだけでなくて、今真面目な話をしているのに、主人公のベイビーが聴いている曲はこれ!?みたいな。

     

    終始音楽が流れていて、どのシーンもワクワクさせてくれます。

     

    それから、カーアクションシーン。

     

    僕にとって10代の頃、映画の醍醐味ってカーアクションシーンなんです。

     

    例えば「スピード」とか、時速80km以下に落とすとバスが爆発するというシュチュエーションからの脱出。

     

    他にも「リーサルウェポン」や「ターミネーター2」なんかも。

     

    やっぱり映画的なハラハラを味わうならカーアクション。

     

    この「ベイビー・ドライバー」は、カーアクションシーンが入念に作り込まれていて、安っぽいカーアクションシーンにありがちな手ぶれでカチャカチャしたような映像でなく、とても観やすいんですね。

     

    とにかく、最高なカーアクションシーンです。

     

    で、映画的なエンターテイメントの醍醐味は、主人公とヒロインの青春劇。

     

    恋に落ちる流れもスピーディなのですが、若い二人ならこれくらいのスピード感で確かに恋に落ちるよなぁと。

     

    映画全体的に回りくどい説明もほとんどなくて、なぜ主人公はこういう状況に陥ったのかというのもサラリとスムーズに説明されてとてもわかりやすいところもいい。

     

    あとは結末に触れてしまうことになるので省きますが、僕の中では今年1番の映画です。

     

    ぜひ映画館で観てみてください。

     

    本当オススメです。

     

У нашей организации интересный сайт , он рассказывает про вход в личный кабинет альпари.
steroid-pharm.com/

baden-medservice.com