Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
ブログ | 新潟の一級建築士 住宅、リフォーム、店舗の設計ならキューブデザイン- wikileaks-press.info

BLOG

HOMEBLOGminka 村山義明

  • レアカードになれ

    2016.12.29

    興味深い記事があったのでメモも兼ねて投稿します。

     

     

    芸人でありながら絵本作家として活躍し、炎上芸でyahooニュースも盛り上げているキングコングの西野さん。

     

    芸人としては特別ファンでもないのですが、その発言にいつも感心している存在です。

     

    この記事の中から一部抜粋。

     

     

    西野 1万時間やりゃ、100人に1人にはなれるんです。これはなんでもです。けん玉でも料理でもなんでもです。おむすび1万時間握ってたら、そのへんの人100人集めておむすび握らしたときに、1番にはなれるんですって。これはもうなんでもです。
    でも100人に1人じゃここで飯食えないじゃないですか? いっぱいいるやつばっかりですから。大事なんは自分を100人に1人じゃなくって、お金を稼ぐときにすべて大事なのは、要は自分をレアカード化しなきゃいけないんです。たとえばアルバイトの方の給料が安いのは、いろんな方ができるから安いじゃないですか?
    でもこれに何か専門的な能力が加わったら、なんとかエンジニアとかになったら、ちょっと給料が上がるじゃないですか? まずレアカード化しなきゃいけなくて、100人に1人じゃダメだから、こっち(別の方向)に何かやっちゃうんですよ。

     

    自分をレアカード化する話。

     

    教育改革実践家・藤原和博氏も言っていたことなんですね。

     

     

    はい。じゃあそこまでにしてください。私の考え方を述べさせていただきますね。これは希少性です。簡単に言うと「レアさ」ということですね。
    こっち(左側)にある仕事というのは、言っちゃえば、誰でもできるんです。だからマニュアルワークですよね。
    例えば、日本人じゃなくても中国の人でも韓国の人でも、ある程度日本語が話せればできちゃうわけです。だから取っ替えられちゃうわけですね。あなたがやっていても、取っ替えられちゃうんですよ。
    経済に強い人はわかると思うんですが、こういう仕事というのは、世界中で一番(時給が)安いところと一致していきますので、今はまだ日本の需給関係で維持されてますが、基本的にはあと10年ぐらいすると、どんどん下がっていく可能性がありますね。
    こっち(右側に)行けば行くほど、どうなるかというと、希少性が高まる。つまり、かけがえのない仕事になりますよね。かけがえのない仕事、あなたしかダメというやつです。
    その究極は、「もうあなたしか頼れるものはないんですよ」と。こういう話ですよね。希少性が上がれば上がるほどこっち(右側に)行くということです。
    つまり、稼ぎを上げたいんだったら、みんな一緒のほうに行っちゃダメなんですよ。一人ひとり、かなり孤独感があると思うけれども、希少性のあるほうへ走らないといけないと。こういう話ですね。

     

    一つの分野である程度レアカードになったら、そこにもう一つの分野でのレアカード化をかけると、この人にしか頼めない存在になれるんですね。

     

    もう一つ、この動画のXとYの話。

     

     

    どこにターゲットを絞り、今のトレンドをつかみ、自分の得意分野を伸ばすかと。

     

    島田紳助はそんなに好きなわけではなかったのですが、やはり研究熱心な人だったんですね。

     

    この動画は、ビジネスマンの間で神動画として有名らしいです。

     

    大変面白い動画ですので、興味のある方はぜひどうぞ。

     

    ショップ作りも レアカード になることが大切ですし、XとY をつかむことが大切だなぁと最近は深く思っていたところだったので、どれも腑に落ちる内容でした。

     

     

    どこにも負けない存在感を放つことは、とても勇気のいる決断の数々がなければできないことなのですが、ここにしかない何かを持っていないとすぐに飽きられてしまうし、興味すら持ってもらえない。

     

    自分の商売も今は小売業ですが、もしかしたらこれから先、サービス業になるかもしれないし、実店舗だけではなくwebショップとしての機能に重きをおくかもしれません。

     

    そういう点では、面白い時代になったなぁと思います。

     

tsoydesign.com.ua

У нашей организации авторитетный блог про направление Рерайт текста.
best-cooler.reviews