BLOG

HOMEBLOGソルメディエージ桑原康考

  • 民話の足利の回。

    2016.11.23

    先日、栃木県は足利市、本堂が国宝である鑁阿寺の境内にてプロジェクションのお仕事があり行ってきました。

    国宝、鑁阿寺!といっても地元の方には馴染みがないらしく、「大日様」の方が通りが良いようです。

     

    周辺はお寺が多く、民話として地蔵のお話もまた多い地域ということで、それらを活かした演出を秋祭りの時期に催そうという趣旨です。

    というのも、実は足利、近年は夜景観光に力を入れているようで、足利フラワーパークのイルミなどが結構有名(昨年のベストイルミらしい)です。

    というわけで、光の演出というお題から、民話を影絵調に上映しようという試みを行ったわけです。

    基本的には、民話の読み聞かせ+シンプルな影絵、でしかないので、どきどきわくわくや大どんでん返しや唸る展開もありません。

    正直、どこまで喜んでもらえるものか?という不安はあったわけですが。

    実際、実行委員の方も僕達も、関わる全員にとって初めての試みになる部分がほとんどだったのです。

    現場入りした初日、仕込み日に、体育館で90cm幅の布地を貼り合わせて、6×5mのスクリーンを作っている間は、「ほんとうに大丈夫だろうか」と、本気で心配してました。

    C0001T01

    が、いざ現地に赴きますと、地元の鉄工所の職人さんでしょうか、ものすごく豪気なフレームを用意してくれていまして、「毎日これを組み立ててはバラすのか」と思ったものの、今思い返してみるとベストであったと言わざるを得ません。

    そんな感じで、準備が進むごとにみなさんの頑張りで不安が何処かに吹き飛んでしまいました。

     

    そもそも、すごく良い場所なわけです。国宝が鎮座する境内です。紅葉も最盛期。

    特に、境内にそびえる大銀杏は、見たこともないような迫力で、観光客のみなさんも一様に感嘆の声を上げながら一枚撮っていくほど。

    周囲をお堀に囲まれ、大きな鯉と鴨が泳ぎ参道には銘仙柄の灯籠が灯ります。

    いるだけで満足、くらいの空間なわけです。

    C0013T01

    また、参拝にいらっしゃるお皆さん、けっこう着物率がたかいのです。

    織物の街、ということらしく、その昔一世を風靡した銘仙の着物で有名ということで、普段着にそれらしい着物を羽織るだけのスタイルも参拝時の定番となっているようでした。

    それはそれで風情があって良いなと。

     

    そんな空間での上映も無事終了。

    今回嬉しかったのは、年配の方々に「良い事をしましたね」みたいな労われ方をしたこと。

    人々はもちろん、街全体の懐の深さを感じました(どうしても新潟と比べてしまいますね)。

    ちゃんといいものが残っていくっていうのは、世の中が新しくなる中でも大事だし、なにより楽しいことだなと思った次第です。

Нашел в интернете важный веб портал , он описывает в статьях про получить кредит под залог недвижимости.
В интеренете нашел полезный блог про направление наматрасник цена.
http://sellmax.com.ua/